サトウブログ

良い天気で、最高!

記事一覧(14)

⚫️高齢化社会の先にあるもの

最近、今までの色々な常識が、全くの無知と偏見だったと

思うことが増えてきた。

80歳代、90歳代が、本当に隠居生活のようなイメージで良いのか?

老人ホームに入るために資金準備している人もいるが、

そんな消極的な未来を目指してて良いの?とか

いろんな疑問が渦巻いている。

遺伝子は、本当に120歳代位の寿命に設定されているのか?とか

多分、そういう事って、経済的な制約から生まれた価値観じゃないのかなと思った。

細胞分裂の回数券と言われる遺伝子、テロメアを伸ばす事だって、不可能ではなくなりつつある。

霊的な精神性が、今までの価値観を変えていく鍵になる。

本来、精神は、自由である。

しかし、現実は、経済的な制約を強いられ、自由な精神性を制約されている風に思うことがある。

経済的な理由で制約されている事って、身近な所にたくさんある。

例えば、iPadには、画面自体を録画する機能がない。(表向きには)

ネットを探せば、画面を録画するツールはある、アプリも存在する。

しかしそういうアプリを開発して、アップルストアに申請しても、

アップルストアの審査には、通らない。

そういう機能を仕込んでも、徹底的に調べられて削除されるケースが多い。

アップルストア以外のサイトからダウンロードする事も可能だが、

OSのアップデートで、機能制限をかけてくることもある。

もちろん、それすらも、掻い潜り抜けて、アプリをダウンロードする事も可能だ。

いわゆる「脱獄」と言われている。

脱獄は、それなりのリスクもあり、リスク管理ができていないと難しいです。

PCとの連動で、録画する事も可能ですが
割とマイナーな情報に留まっている。

なぜ、そこまでに、執拗な体制がとられているか?

お気づきでしょうか?

それは、大きく経済的な利益を損なう理由があるからですね。

経済的な価値観だけで、物事を考えると、

本質を見失うこともあるし、盲目になっているという事ですね。

いろんな要因が、僕等を、制約しているという視点で考えてみると

新たな気づきが、ありますね。

↓の記事も、そんな感じではないかなぁと、思います。

最近、ちょっとハマっているアプリ。

以前、アメリカの高校生で
ジャック・アンドレイカ君という
少年が、
友人がすい臓癌で、亡くなったのを
キッカケに
Google検索とWikipediaを駆使して、
低価格で、すい臓癌の検査方法を
開発したという記事を読んで思った。

もうちょい、早く開発してたら、
スティーブジョブズも、
助かってたんじゃなの?

と妄想‥。

スゴイわー‥‥。

高校生が、医師ですら解決出来てない
問題を、解決してしまっているという
現実。

その気になれば、誰でも、
スゴイ事が出来るかも?

誰にでも、チャンスは開かれいる。

過去2000年においても、
今日ほど、誰にでもチャンスが
開かれいる時代は、なかった。

今の時代は、とてつもなく、
チャンスに恵まれている。

でも、人類に役に立つ
知識を有効活用している人、
数は少ないかも?

あ、僕もその一人か。

くそ〜。

ネット上にある膨大な知識を、
簡単に集約して、一目瞭然にできる
ツールって、ないかなぁと思っていました。

一番、自然に知識を集約するツールは、
マインドマップという事は、知っていた。

それに似たツールも、たくさんある。

でも、それを形にするには、
ちょっと、ハードルがあって、
お勉強とコツと作業が必要になる。

もっと、手軽な方法は、
ないものだろうか?

検索結果が、即座にマッピング化、
視覚化されるツールって、
ないかなぁ?と探していたら、
ありました。

Wikipediaの検索をマッピング化させる
アプリです。

iOS用ですけどね。

アンドロイド版は、同名のアプリが
あるけど、ちょっと別物かも。

その名も、[Wikilinks]。

検索したキーワードを元に、
自動的に、マッピングされていきます。

何これ?おもしろーい(^∇^)

これって、脳特有の機能、
「連想」に似ています。

現在、有料アプリですが、
大いに
暇つぶし、知識欲を満たしてくれます。

皆さんも、
検索機能を最大限に活用して、
問題解決してみては、いかがですか?